VOICE

社員の声

日々の業務を正確に円滑に進めることで、意思決定を支える。

事務職/経営改革推進本部 総務室
2021年入社
一般

現在の仕事内容を教えてください。

入社1年目ということもあり、経理の基礎を上司や先輩社員から教わりながら実務経験を積んでいます。主にネットバンキングを用いた振込業務や、各部から提出される申請書のチェックを行っています。 最近は本社の現金や吉原支所の現金の管理を任せてもらえるようになり、自分一人で一つの仕事を完結できるようになったので、経理としての日々の成長を実感しています。

どんなところにやりがいを感じますか?

経理グループは、さまざまな仕訳から最終的に財務諸表と呼ばれる貸借対照表・損益計算書を作成します。その他にもさまざまな業務がありますが、一人ひとりがそれぞれの仕訳を作成し最終的に一つの財務諸表に落とし込んでいくので、その一役を担えていることがやりがいです。
数字が1円でも誤っていれば、会社の正確な財務諸表とならず、正しい意思決定ができなくなってしまいます。そのため、日々の業務を正確にかつ円滑に進めることを心がけて仕事をしています。

印象に残っている仕事はありますか?

TBロジスティクスへの会社合併に向けて、両社の経理が参加した打ち合わせが印象に残っています。両社の違う考え方をもとに作成された予算を、いかにして統合するのか議論をくり返しました。議論の末できた考え方をもとに、私が両社の予算を合算する作業を行ったのですが、無事に合併後の予算ができあがったときは達成感がありました。

ある1日のスケジュール

8:15

出社

メールチェックと本日の業務をリストアップして、優先順位をつけます。

10:00

外出

銀行に出向き、現金の引き出しや窓口でしかできない手続きを行います。

12:30

昼食

お弁当を食べてゆっくり休みます。

13:30

仕入先に振込手続きをし、同時に仕訳伝票の作成や現金の入出金を実施し、現金出納帳に記帳します。

17:15

退社

繁忙期以外は定時で退社します。

入社の決め手はなんでしたか?

高校時代に簿記の世界に触れ、会計の楽しさを知り、大学では経営学部に入学しました。こうしたことから、将来は経理部門で働きたいという憧れが高まっていきました。就職活動では、寿陸運の会社説明会で経理をメインとしたさまざまな業務が経験できる点やトヨタ紡織100%子会社である点を教えていただき、魅力的に感じたため志望しました。 実際に入社してからも、合併の業務をはじめ、仕訳などの経理業務を経験できているので、毎日充実感を味わっています。

入社後の印象は?

会社説明会で感じた「おだやかな人が多くて働きやすそう」という印象は、入社後も変わりませんでした。上司や先輩社員はみなさんおだやかで、分からないことがあってもすぐに質問しやすい環境だと感じています。社会人1年目の右も左も分からない私に対して、みなさん親切に接してくれました。おかげで少しずつではありますが、社内からの問い合わせに対応できるようになりました。会社が合併したことで環境は変わりましたが、合併先のみなさんも接しやすい人が多く、仕事がやりやすいです。

今後の目標を教えてください。

まだ経理としては基礎を学んでいる最中で、決算業務はほんの一部しか関わっていないため、今後は決算業務にも深く関わり、損益計算書から見える会社の状況分析などをできるようになりたいです。そのために今は基礎をしっかりと学ぶことはもちろん、上司や先輩社員の仕事内容について質問し、何をしたらよりステップアップできるかを日々模索しています。

上司からのメッセージ

グループマネージャー

上司からのメッセージ

入社して半年後に合併となり、戸惑いがあったと思いますが、持ち前の明るさを武器に職場に溶け込んでいます。徐々に任せられる仕事も増えてきたので、経理の一員として責任をもって業務に務めてほしいです!

就職活動中のみなさまへ。

私の就職活動の軸は「経理部門で、さまざまな業務が経験でき、スキルアップできること」でした。会社規模・業界・職種によってスペシャリストになるのかゼネラリストになるのか、さまざまな選択肢があると思います。自分の願いをすべてを叶えられる職場というのは、なかなか見つからないとは思いますが、自分の軸をしっかりと持って、ここだけは譲れないという熱い気持ちを持って就職活動を続ければ、必ずその気持ちに応えてくれる企業と出会えると思います。