SAFETY

安心・安全への取り組み

ステークホルダーから信頼されつづける、企業活動を推進します。

事業活動はもちろん、社会貢献活動にも取り組むことで、
すべてのステークホルダーから信頼されつづけることを目指します。

安全・衛生・環境への取組み

基本方針
  • ・健康推進、安全意識向上による安心職場づくり
  • ・お客様の期待に応える生産準備、現場力の強化
  • ・地域社会のよき一員であることの自覚と自立

安全

  • 安全性優良事業所(Gマーク認証)

    全日本トラック協会による安全性の評価・認定制度において、すべての営業所が「安全性優良事業所」として認定されています。また、認定取得を10年以上継続していることで、運輸局長や運輸支局長から表彰されています。

  • 運輸安全マネジメント

    運輸安全マネジメント推進計画書をもとに、トヨタ紡織との安全意識向上のための情報交換や、協力会社を巻き込んだ「TBLS安全大会」の開催、合同安全点検など、さまざまな事故低減活動に取り組んでいます。

    運輸安全マネジメント推進計画書PDFファイル

  • 乗務員・リフト作業員技能向上訓練

    トラックとリフトの技能向上訓練(座学・実技)を、新人は3年連続、4年目以降は2年に1回のペースで実施しています。また、運転適性診断・ドライブレコーダーとバックモニターの全車両設置・デジタルタコグラフ分析によって、個人特性にもとづく添乗指導をしています。

  • 社内外競技会

    社内競技会を経て、上位入賞者は社外大会に出場しています。社外大会においては、省エネ部門での優勝やフォークリフト部門での金賞連覇などの実績も。社員それぞれのスキルアップやモチベーションアップに貢献しています。

衛生

  • 健康管理

    社員とご家族の心身の健康を支えるため、「トヨタ紡織健康保険組合」に加入できます。

    • 専門機関による定期健康診断(年1回または職種により2回)
    • 健康診断時にストレスチェックも同時実施(法令で実施非対象の拠点も自主的に実施)
    • 無料歯科検診
    • インフルエンザ予防接種補助(拠点によっては会社で接種可能)
    • 提携した「健康ホットライン」へ24時間365日、健康や医療機関などの相談が可能
    • 提携するリゾートホテルやゴルフ場、季節ごとのフルーツ狩り施設が利用可能
    • 年2回、家庭用常備薬のあっせんが割安に受けられます。
  • 健康起因事故防止の取り組み

    心身両面からの健康管理支援の一環として、運転者台帳への登録者を対象に、詳細な健康診断を実施しています。疾患の早期対応は、労働災害・重大事故の未然防止を図るとともに、健康管理の意識向上につなげています。

    • 対面点呼時に、体温・血圧測定を実施することによる日々の管理
    • 健康健診2次検査まで完全フォロー
    • SAS(睡眠時無呼吸症候群)3年に1回検査
    • 脳MRI健診(3年に1回)
       ※運転従事者脳MRI健診支援機構
    • 社内報発行による情報の周知

品質への取組み

私たちは品質向上に向け、さまざまな取組みを行っています。
  • ISO 9001

    国際標準化機構(ISO)による、品質マネジメントシステムの国際認証規格を取得しています。

  • 物流加工

    生産準備段階より、4M(Man、Machine、Method、Material)の観点での環境整備や、製造部門の定期的な品質点検によって、高い生産性と品質保持を実現しています。

  • QCサークル活動

    品質管理活動の一環として、QCサークル(小集団改善)活動に取り組んでいます。全社員が自主性を持って参加し、職場における問題をQCサークル活動を通じて解決しています。また、社内外の発表会にも積極的に参加しており、2017年には日本最高峰の賞である「石川馨賞 奨励賞」を受賞しました。

  • 輸出品梱包

    経験豊富な包装管理士・梱包管理士により、さまざまな輸送品(部品・製品・設備)の形状・重量・物質特性や、輸出先のインフラや自然環境を考慮し、最適な梱包仕様を提案しています。トヨタ紡織、中津川包装工業との3社合同の取り組み「航空機シートの段ボール包装化」では、世界包装機構(WPO)主催の「ワールドスターコンテスト」にて、ワールドスター賞を受賞しました。

情報セキュリティ基本方針はこちら

社会貢献活動

詳しく見る